お役立ち記事 精神疾患関係

これもDV?~DVの定義って?~

更新日:

今回は、DVについてまとめてみました!
DVってよく耳にしますが、どこからがDVなのかよくわからなかったり・・・。
認識がなかっただけで、実はDV被害を受けていたかもしれません。
前回の記事⇒ 原因、症状は人それぞれ!~てんかんとは?~

DVとは?

DVとは英語のdomestic Violenceの略で、直訳すると、「家庭内暴力」になります。
明確な定義はありませんが、日本では、夫から妻、妻から夫、親から子、子から親、兄弟間など家庭内や、恋人関係、又は過去に恋人であった人からの暴力という意味合いが多いです。

男性から女性への暴力、というイメージのほうが強いかもしれませんが、最近では女性から男性への暴力も増えているようです。

DVは文字通り、「家庭内のこと」として、今までは軽視されていたのが事実です。

しかし、最近ではDVは深刻な問題として取り上げられるようになってきました。
実際、DV被害者は、身体への傷だけでなく、心にも大きな傷を負っているからです。
心の傷はトラウマになったり、うつ病などを引き起こす原因になってしまうかもしれません。

DVは身体的暴力だけではない!

「DV=身体的暴力を振るう」というイメージも大きいと思いますが、それだけではありません。
精神的暴力、経済的暴力、性的暴力などもDVに含まれます。
DVは人権侵害でもあり、犯罪でもあります。
また、どんどんエスカレートしていく傾向にあるため、早めの対応が重要になってきます。

昔の日本社会が影響していた!

昔の日本では、「男性は外で働き、女性は家の中を守る」という考えがありました。
妻は夫に従うもので、家の中のことは外に出すべきではない、また外からも家庭のことに介入すべきではないとされていました。
そういった社会背景もあり、今までDVについて公になっていませんでした。
しかし、最近では男女平等という考えが広がり、DVが問題視されるようになってきたのです。

様々なかたちのDV

次に挙げているものは、全てDVに当てはまります。

身体的暴力

  • 殴る、蹴る
  • 包丁を突きつける
  • ものを投げる
  • 髪を引っ張る
  • 首を絞める など

経済的暴力

  • 生活費を渡さない
  • 外で働くことを妨害する
  • 洋服などを買わせない
  • 家庭の収入について何も教えない
  • 家計を厳しく管理する など

精神的暴力

  • 交友関係を制限したり、細かくチェックする
  • 無視をする
  • 人前でバカにする
  • 大事なものを捨てる、壊す
  • 「誰のおかげで生活できていると思っているんだ」と言う など

性的暴力

  • 脅しや暴力的な性行為
  • 避妊に協力しない
  • 中絶の強要
  • 性行為の強要 など

まとめ

DVは身体的な暴力だけではなく、経済的、精神的、性的暴力も含まれています。
DVは被害者の心に大きな傷を残します。
「家庭内のことだから・・・」と一人で抱え込まずに、地域の相談支援センターや警察の相談窓口に相談してみましょう。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.