「 自閉症スペクトラム 」 一覧

障害者手帳がなくても受けられる福祉サービスはあるの?【福祉支援まとめ】

障害者総合支援法とは・・・ 障害者総合支援法とは、障害のある人もない人も住み慣れた地域で生活するための、 日常生活などの総合的な支援を目的としたものです。 サービス内容は大きく、自立支援給付と地域生活 ...

精神障害者手帳とはどんなもの?持っていると様々な支援が受けられる!

精神障害者手帳の取得に抵抗があったり、取ろうかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか? そもそも精神障害者手帳とはどういったもの? 取ることで何かいいことはあるの? …今回はそんな精神障害者手帳 ...

より働きやすい環境に!18年4月に改定される障害者雇用促進法の3つのポイント

2018年の4月から障害者雇用促進法が改定され、法定雇用率も引き上げられます。 あと半年もしないうちに変わることがいろいろと出てきますので、今回は障害者雇用促進法改定のポイントをまとめてみました! 障 ...

障害者枠・一般枠での就職のメリット・デメリットを比べてみました。

障害を持っている方の雇用数は近年、増加傾向にあります。 国のサポート体制もどんどん充実されていますが、それでも障害者の方の就職はまだまだ厳しいのが現状です。 そこで今回は、一般枠、障害者枠それぞれの雇 ...

正社員雇用は難しい?発達障害の方の就職の実態は?

文化科学省の調査によると、発達障害の特徴が見られる子どもは15人に1人とのこと。 発達障害について知られるようになってきたのは最近の話です。 今回は、そんな発達障害の方の就職状況についてまとめてみまし ...

自分のやり方を変えられたくない!アスペルガー症候群の人が仕事で困ること②【ルール編】

アスペルガー症候群の人には、自分のルール・やり方というものがあります。 そのルールに沿って物事を進めたいため、急な変更などに対応することはニガテです。 また、アスペルガー症候群の人は会話のキャッチボー ...

暗黙の了解が理解できない!アスペルガー症候群の人が仕事で困ること【共通認識編】

アスペルガー症候群の人は相手の気持ちを考えるということがニガテです。 そのため、仕事上で誤解されやすかったり、または被害的に物事を捉えてしまう傾向にあります。 今回は、アスペルガー症候群の人が仕事上で ...

突然言動に後退が見られ、自閉症のような症状を伴うようになる小児期崩壊性障害とは?

小児期崩壊性障害とは、今まで問題なく成長していた子どもが、ある時から言葉や動作などに後退が見られることを言います。 今まで元気に成長してたため、その発症に戸惑うことも少なくありません。 今回はそんな小 ...

突然言葉を失ってしまう折れ線型自閉症とは?再発語の可能性は?【折れ線型自閉症のまとめ】

折れ線型自閉症とは、今までは問題なく成長していたものの、急に言葉が使えなくなってしまうものです。 成長の過程を折れ線グラフであらわすと、折れ線型自閉症を発症したときから右肩下がりに折れてしまうというこ ...

発達障害の人が物にぶつかりやすい理由は空間認知能力にあった!空間認知能力を鍛えるために今からできる3つのこと

自閉症・発達障害を持っている人は、空間認知能力が低いことがあります。 スポーツがニガテ・物によくぶつかる、、、という人は空間認知能力が低いのかもしれません。 空間認知とは具体的にどういうこと? 空間認 ...

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.