お役立ち記事 精神疾患関係

たくさんある!~てんかん発作の種類~

更新日:

今回はたくさんあるてんかんの種類をまとめてみました!
前回の記事⇒

原因、症状は人それぞれ!~てんかんとは?~

たくさんあるてんかん発作の種類

てんかん発作の種類は大きく、

  1. 全般発作
  2. 部分発作

の2つにわけることができます。

全般発作とは?

全般発作とは、始めから脳全体が興奮状態になる発作です。
子どもによくみられるもので、発作時にはほとんどの場合、意識がありません。
発作前には前兆が見られます。

強直発作(きょうちょくほっさ)

突然意識を失い、歯を食いしばって、手足が伸びたまま身体が固くなります。
この状態が数秒から数十秒続きます。

間代発作(かんたいほっさ)

いわゆるけいれんのことです。
手足ががたがたなりますが、数十秒でおさまります。

強直間代発作

間代発作と強直発作が同時に起こる発作です。
意識を失って体が硬くなり、全身がけいれんします。
1~2分でおさまりますが、その後意識がはっきりしなかったり、30分~1時間の自然睡眠に入ることもあります。

欠神発作(けっしんほっさ)

数秒から数十秒の間、突然意識を失います。
話している途中に急に反応が無くなったり、動作が止まったりすることがありますが、周りの人がてんかん発作だと気が付かないこともあるため、単純に集中力がないと思われてしまうことも。

ミオクロニー発作

身体が一瞬、ピクッとなる発作です。
連続して何回か起こることもあります。
光によって誘発されることがあるので、寝入りや寝起きに多くみられます。

点頭(てんとう)発作

点頭発作とは、赤ちゃんに起こるものです。
一瞬、頭がガクッと垂れたり、急に手足を脱力させたり、両手をふりあげたりします。
症状には個人差があるものの、何度も繰り返されるのが特徴です。

脱力発作

急に前身の力が抜けて崩れるように倒れてしまう発作のことです。
数秒で元に戻ります。

部分発作とは?

部分発作とは、脳の一部だけに起こる発作のことです。
大人のてんかんの場合、部分発作が多いと言われています。
部分発作は2つに分けることができます。

単純部分発作

吐き気がしたり、手足がつっぱる、実際にないものが見えたり、聞こえたり、頭痛がしたりなど、症状は様々です。
発作中も意識はしっかり保たれているのが特徴です。
ほとんどの場合、発作は5~10分程度でおさまります。

複雑部分発作

側頭葉という脳の部分で起こることが割合的に高く、急にぼーっとなって意識を失い、口をもぐもぐしたり、手足を動かしたりします。
1~2分で症状はおさまります。

前頭葉という脳の部分で発作が起こった場合は、大声を出したりすることもあります。
発作の時間は数十秒ほどですが、一日に何度も繰り返すことがあります。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.