「お役立ち記事」 一覧

暗黙の了解が理解できない!アスペルガー症候群の人が仕事で困ること【共通認識編】

アスペルガー症候群の人は相手の気持ちを考えるということがニガテです。 そのため、仕事上で誤解されやすかったり、または被害的に物事を捉えてしまう傾向にあります。 今回は、アスペルガー症候群の人が仕事上で ...

今の仕事を無理して続けても症状は悪化するだけ!適応障害の人が向いている職業・向いていない職業は?

適応障害とは、環境の急な変化によるストレスなどで、心が不安定になってしまったり、頭痛、吐き気などの症状が現れてしまう病気のことを言います。 仕事がストレスの原因となり、適応障害を発症してしまった人も少 ...

不登校・問題行動など反抗期と間違われやすい小児統合失調症のまとめ

子どもでも統合失調症を発症してしまうことはあります。 ですが、最初はその症状がわかりにくいため、発見が遅れてしまうことがよくあるようです。 今回はそんな小児統合失調症についてまとめてみました! 小児統 ...

突然言動に後退が見られ、自閉症のような症状を伴うようになる小児期崩壊性障害とは?

小児期崩壊性障害とは、今まで問題なく成長していた子どもが、ある時から言葉や動作などに後退が見られることを言います。 今まで元気に成長してたため、その発症に戸惑うことも少なくありません。 今回はそんな小 ...

突然言葉を失ってしまう折れ線型自閉症とは?再発語の可能性は?【折れ線型自閉症のまとめ】

折れ線型自閉症とは、今までは問題なく成長していたものの、急に言葉が使えなくなってしまうものです。 成長の過程を折れ線グラフであらわすと、折れ線型自閉症を発症したときから右肩下がりに折れてしまうというこ ...

発達障害の人が物にぶつかりやすい理由は空間認知能力にあった!空間認知能力を鍛えるために今からできる3つのこと

自閉症・発達障害を持っている人は、空間認知能力が低いことがあります。 スポーツがニガテ・物によくぶつかる、、、という人は空間認知能力が低いのかもしれません。 空間認知とは具体的にどういうこと? 空間認 ...

この道じゃなきゃ学校に行けない!自閉症の子どもが道順に強いこだわりを持つその理由は?

自閉症の子どもにみられる特徴として、こだわりが強いというものがあります。 「この洋服でないとイヤ」「この道じゃないと学校に行けない」など、こだわりは様々です。 今回は、自閉症の子がなぜ道順にこだわるの ...

知的・言葉に遅れが見られる自閉症スペクトラム カナー症候群とは?【カナー症候群の特徴・原因・治療法まとめ】

カナー症候群とは、知的な遅れや、言葉の発達の遅れなどを伴った自閉症の通称です。 現在では、自閉症状のあるものは全て自閉症スペクトラムという診断名で統一されていますが、カナー症候群は知的な遅れも伴うため ...

万引き・暴力…反社会的な行動を繰り返す素行障害とは?【素行障害の症状・原因・治療法まとめ】

素行障害とは、社会の決められたルールを守れず、反社会的な行動を繰り返してしまう精神疾患のことです。 原因はそれぞれですが、素行障害になりやすい性格というのもあるようです。 今回はそんな素行障害について ...

自傷・他傷行為を繰り返す強度行動障害の特徴と症状を改善するために取るべき3つの対応

強度行動障害とは、中学生、高校生の時期によく発症するものです。 自分のことをうまく伝えられなかったり、伝える手段がわからないといったことが発症の原因になるようです。 強度行動障害は、自分も周りも傷つけ ...

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.